プロフィール byけんすけ

始めまして。けんすけ@生涯現役です。
このサイトを立ち上げるにあたり、自己紹介も兼ねて、これまでの経緯やビジネスを思い立った動機など話しておきたい。

定年前後は、これまでになく不安が大きくなる。
収入ダウンによる金銭的不安、加齢による健康面での不安。

あまり意識していなかった様々なことが、一気に襲い掛かってきて精神的に不安定になる。

こうした方々に向け、少しでも役立つ情報が発信したい、というのが当サイトのコンセプトとなる。

私自身が実践し、成功・失敗した経緯をふまえながら、 金銭不安を抱える人に対してはその対策、健康不安を感じている人には生活改善の提案をしていこう。

私と同じ境遇の人が、当サイトから、今後の人生設計に対する何らかのヒントを掴んでもらえれば嬉しい。

さて、60歳というひとつの節目を迎えたところで、今までの人生を簡単に振り返ってみたい。

興味のある方はどうぞお付き合いください。

1.フリーター時代

大学時代に芝居にはまり、卒業にあたり同期がみな次々に就職を決めていくなか(当時は売り手市場だった)、 会社勤めは自分に向かないと就職を拒否。
演劇活動をしながらアルバイトをするという生活に突入。

※当時はフリーターなんてシャレた言葉はなく、単にプーターローと呼ばれていた。

今思えば、学費を出してくれた両親には申し訳ないことをした。ごめんなさい(汗)。

大部屋でエキストラをやったり、学校演劇(体育館に生徒を集めて芝居を見せるやつです)で地方を回ったりして日銭を稼ぐ傍ら、オリジナル脚本で公演を打つなどの活動を続ける。

芝居は続けているものの、特にブレイクすることなく、20代はあっという間に過ぎ去って行った。

少し話を飛ばして…

30代半ばにして結婚。芝居から離れ、40歳になってついに就職。サラリーマンに転身する。

2.SE時代

全くPCについて素人のおじさんを雇ってくれた、寛大な会社にまずは感謝します。

最初は、本当に右も左も分からない状態で、回りに迷惑をかけまくる。
そもそも業界用語が分からないので話が通じない。

あわや馘かという事態が何度も訪れるが、皮一枚でつながって生き残る。
(上司に「死んでしまえ!」と怒鳴られたこともあった。これは今ならパワハラだな)

徹夜はもちろん、20時間超えの長時間勤務が当たり前。
今でいうブラックな職場で、疲弊しつつも腕を磨く。

随分と苦労したが、この時の苦労が後に生きてくる。
死にもの狂いでやれば、何とかなるものだと知った。
(40代にして何をやっているんだと、この当時の自分に突っ込みを入れたい)

50歳を前にして、大分仕事に慣れ、システム開発を主導できるようになる。

ここにきて、大学時代に学んだ会計知識が役に立った。(商学部だった)
しっかり学んだことは、人生のどこかで役に立つ日が来るものだ。

この頃は、大手企業、金融機関の会計システムを次々に手掛けて、順調に仕事をこなしていた。
大変ではあったが、それなり楽しい時期でもあった。

SEになって20年、気が付けば、はるか先だと思っていた定年が刻一刻と近づいてきていた。

60歳を前にして、いよいよ定年か定年延長かの決断をせねばならない。

3.ビジネス起業

60歳は、第二の人生の始まりと言われているが、同時に人生のカウントダウンの始まりでもある。

あと何年生きられるか、と考えた時に、このまま言われるままに仕事を続けることがひどく勿体なく思えてきた。

自分の采配でビジネスをして、いつか自由な時間を手にいれたい。

自由な時間ができれば、やりたいことは山ほどある。

あちこち出かけて見分を広めたいし、もっと自然に親しみたい。

昔とった杵柄で、出演はムリでも、何らか芝居に関わることだってできるかもしれない。

ともかく、第二の人生を有意義に過ごしたい。

そのためには、時間と場所を選ばない、ネットビジネスが最適と考えた。

そうして、2018年秋、実験的にサイトアフィリエイトを開始。

その後、私のビジネスがどういう展開を見せていくのか。

それは、「けんすけの悪戦苦闘」という実践記の方に詳しく記そうと思う。

還暦にもなる全くの素人が、ビジネスを立ち上げ右往左往する様を晒すことに、抵抗がないわけではない。。
しかし、これからビジネスを始めようという人にとって、それは貴重な資料となるかもしれない。

私の失敗は、近い将来のあなたの失敗かもしれず、私の成功は、あなたの成功の鍵になるかもしれないではないか。

なあに、PCを触ったことのない素人が、40歳でIT業界に飛び込んで何とかなったのだ。

今度もきっと何とかなるに違いない。

根拠のない自信と笑ってはいけない。これは人生からくる経験則だ。

少ししゃべりすぎた。ここはこれくらいにしておこう。

それでは、実践記の方でまたお会いできることを楽しみにしている。

SeeYou Again!

コメントは受け付けていません。