ご登録はこちらをクリック

WordPressの初心者向け解説。インストールから初期設定まで。

wordPressというと、ハードルが高いと思っている方も多いだろう。

インストールや設定があり、機能が複雑なため導入を躊躇う気持ちはわかる。

だが、無料ブログから1歩進もうと思ったら、wordPressは必須だ。

ここでは、wordPressのインストールから基本設定など、初心者にも分かり安く解説していこう。

wordPressとは

WordPressなら初心者でも簡単にWebサイトを作ることができる。

サイトを作成するための機能が完備されており、操作も難しくないので人気がある。

WordPressを使わず、1からWebサイトを作ろうとすると、高度なスキルが必要となり素人にはムリ。

ぜひWordPressを賢く利用して、自分なりのブログを作り上げて欲しい。

WordPressのメリット

WordPressのメリットをいくつか挙げておこう。

1.操作が簡単

サイトを作成するための手順が簡単で、慣れれば本当に短時間で構築できてしまう。

プログラムの知識も不要で、画面操作のみ。

しかしだからと言って、初心者向けのソフトではない。

WordPressを使うことには、操作が簡単なこと以外にも様々な利点があり、
初心者から上級者まで、幅広く使われている。

2.記事の体系化が簡単

カテゴリーやタグなど、簡単に設定できるので、記事が簡単に体系化できる。

これにより、訪れたユーザーにも優しい、見やすいサイトが構築できる。

3.テーマが豊富

WordPressはテーマと呼ばれるデザインテンプレートが存在する。

テーマによって、構築したWebサイトのデザインや機能が異なる。

テーマは、無料で使えるもの、有料のものなど、数多く存在する。

デザイン重視か、SEO重視か、など自分にあったテーマを選ぶといいだろう。

詳しくは「こちらの記事」を参照して欲しい。←準備中

4.機能追加が簡単

WordPressにはプラグインという機能別モジュールが、これも数多く存在する。

機能を追加したい場合、追加したい機能のプラグインをインストールするだけでいいので、非常に簡単だ。

5.SEOに強い

SEOとは、Googleの検索順位を上げるための施策のこと。

WordPressはSEOに強いと言われている。

始めからSEOを意識した設計になっているので、初心者でもSEO対策を施したサイトを構築できる。

6.カスタマイズが可能

自分なりにデザインなどをカスタマイズすることもできる。

初心者向けではないが、この先知識がついてきた時点で挑戦してみてもいいだろう。

WordPressをインストール

WordPressのインストールはレンタルサーバー上で行う。

レンタルサーバーについては、以下を参照。

「レンタルサーバー個人向け3社を比較。サーバーの役割から徹底解説」

 

サイトを構築するためには、レンタルサーバーとの契約は必須なので、まだの方はまずそちらから進めて欲しい。

レンタルサーバーの管理画面には「WordPressをインストールする」というボタンがあるので、そちらをクリックする。

画面の指示に従って進めればインストールは完了するので、迷うことはないだろう。

詳細な手順は「(準備中)」にまとめてあるので、よかったら入手しておいて欲しい。

WordPressの初期設定

WordPressへのログインURL、ID、パスワードはインストール時に設定済みなので、必ずメモしておこう。

WordPressの管理画面にログインすると、左にメニューが一覧で表示される。

このメニューから「設定」を選ぶことで、各初期設定が可能となる。

タイトルとキャッチフレーズを決める

「設定」→「一般」を選択すると、サイトタイトルとキャッチフレーズを入力する画面になる。

サイトタイトルは検索画面に表示されるので、よく考えてつけるようにして欲しい。

サイト運用が始まった後の変更はおススメできない。

キャッチフレーズはサイトの内容や目的を一言で書くようにする。

パーマリンクを設定

「設定」→「パーマリンク設定」を開く。

パーマリンクとは、各ページごとのURLの設定ルールのこと。

WordPressの方で無作為にURLを割り振るようにすることもできるし、
記事ごとに自分で打ち込むこともできる。

画面では、「基本」「日付と投稿名」「月と投稿名」「数字ベース」「投稿名」「カスタム構造」から選べるが、
ここでは「カスタム構造」を選択する。

URLは一旦決めたら変更しないものなので(もちろん変更は可能だが、リンクがあった場合リンク切れになってしまうなど弊害がある)、
この設定は運用を始める前に済ませておいて欲しい。

 

SEO的には、記事内容が分かるようなURLが好まれるので、
カスタム構造を選択した上で、空欄に「/%category%/%postname%」と入力しておく。

各カテゴリ-には、あらかじめ英語名(アルファベット)を設定しておけば、
URLにカテゴリーが自動で入るようになる。

 

投稿名は日本語になってしまうので、ここは投稿ごとに書き換える必要がある。

日本語のURLはランダムな文字列に変換されてしまうので、SEO的にはおススメできない。

面倒でも、忘れずに記事ごとに設定することだ。

テーマ設定

WordPressのテーマはいろいろあるが、一般に配布されている有名なものから選ぶようにする。

テーマによって特徴があるので、ひとそれぞれ自分に合ったものを使っている。

 

有料のテーマは、SEOに強いと謳っているものも多く、値段は1万円前後というところか。

資金に余裕があれば、有料のものから選んでもいい。

ただ、初めてWordPressを使うという初心者の方は、ムリしなくとも無料で十分ではないか。

 

「Simplicity」「Cocoon」あたりを使ってはどうだろう。

予めローカルにダウンロードしておき、WordPressにテーマをアップロードして有効化する。

 

親テーマ・子テーマが別になっているものは、両方アップロードした後、子テーマを有効化する。

プラグインの追加

追加しておいて欲しいプラグインがいくつかある。

無料なので、まずいくつかインストールし、有効化しておこう。

その後、機能追加したい場合、機能に合わせプラグインをインストールしていくといい。

詳細は「こちらの記事」を参照して欲しい。←準備中

まとめ

WordPressは慣れてしまえば、これほど使いやすいソフトはない。

慣れるまで、特に初心者の方は、迷うこともあるかもしれないが、がんばって乗り越えて欲しい。

WordPressの詳細は「(準備中)」にまとめてあるので、入手しておくといい。

作業が格段に楽になることは間違いない。

作業は極力効率化し、どんどん先に進んでいって欲しい。

“WordPressの初心者向け解説。インストールから初期設定まで。” への1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です