マインドセット

考えるばかりで行動しない人に未来はない

目安時間 6分
  • コピーしました

けんすけです。

 

人生を変えることができるのは、
唯一「行動」だけです。

 

今の自分、今の生活に満足しておらず、
何とか変えたいと思っているなら、
まず「行動」することです。

 

変えるための行動を起こすには
さまざまな障害がありますが、
「不安」はその最大のものでしょう。

 

不安を乗り越えなければ、
望む未来はやってきません。

 

常識ではあり得ない選択

人が何か決断を下そうとする時、

「常識」なり、これまで培った「知識」なりを総動員します。

 

それが重大な決断なら、なおさら、慎重にならざるを得ません。

 

しかし、その常識に縛られることで、人生を変えるチャンスを逃すこともあります、

 

私は、若い頃芝居にはまり、30代半ばまでは、芝居をやりつつ、フリーターとして、貧乏暮らしをしていました。

 

その後、塾講師になりましたが、年契約社員で安定せず、給与も家族を養うには不充分でした。

 

そこで正社員の道を探り始めたのですが、仕事に結びつきそうな技術も知識もなく、どうしたものかと悩む日々が続きます。

 

そんなある日、家族と街を歩いていて、本屋の前を通りかかった時、店頭の就職情報誌が妙に気にかかり、なぜか、買いたい、買わなければという気持ちが抑えきれなくなりました。

 

さっそく購入し、家に帰りページをめくると、とあるひとつの広告が目を引きました。

 

大きな電卓の写真が特徴のその広告の募集要項を見ると「SE募集」とあります。

 

私は、妙に気になってしかたがない、この会社に応募すると決めました。

 

しかし、呆れたことに、私はその時点で、SEという言葉の意味を知らなかったのです。

 

非常識な決断のその後

SEという言葉の意味も知らず、SEに応募するというのは、どう考えても非常識です。

 

応募された会社の方も、普通に考え「何しに来たんだ」となるに決まっています。

 

しかし、私は全く悪びれることなく、面接に向かいました。

 

部長面接では「コンピュータについては無知」だとはっきり言いました。

 

それでもなぜか社長面接に進み、そのまま採用されてしまったのです。

 

私は、40歳にして、人生初の正社員になりました。

 

 

周りの先輩方には、まず、怒る以前に、呆れられました。

 

もうベテランと言っていい年齢なのに、「何も知らない」のですから、当然ですね。

 

最初に苦労したのは、言葉です。

 

先輩の話を聞いても、業界の言葉を知らないので、何を言っているのかわからない。

 

これでは指示を受けることもできません。そこで、IT業界の辞典を持ち歩き、電車の中で必死で覚えました。

 

それから20年、プログラムについて理解し、システム構築について理解し、徐々にスキルをあげて、いつか現場の指揮をとれるまでになりました。

 

お客さんとシステムの話をするのも楽しく、望むシステムが出来上がり感謝されるのも喜びです。

 

家族を養うに十分な給与もいただき、私にとって、貴重で、かつ充実した20年でした。

 

あの時の非常識な決断が、その後の人生を変えたのです。

 

考えすぎる前に行動せよ

最初の話に戻りますが、人生の大きな決断をする際には、誰でも慎重になります。

 

あれこれ悩み、考え、これまでの人生で得た知識や常識を元に、判断しようとします。

 

重要な決断をするにあたり、考えるのは当然のことですが、考えれば、考えるほど、不安になるものです。

 

不安が増幅すれば、決断を先送りにします。

 

現状を変えるような決断に対しては、決断しない理由など、いくらでも出てきます。

 

考えるほどに、決断しない理由の数が増えていき、結局決めることができなくなります。

 

大きすぎる不安に抗する術はありません。

 

だから、考えすぎ、不安を育ててしまう前に、「やる」と決めてしまうことも必要です。

 

それがどんなに非常識なものであっても、それがもたらす結果は、誰にもわかりません。

 

自分と向き合い、自分の心の声に従うことが、人生を変えるきっかけになるかもしれません。

 

考えすぎて行動できないより、考える前に行動する!

 

何かを変えるのは、思考ではなく、行動だと、人生を振り返り、私はそう考えています。

 

 

 

  • コピーしました

 この記事に関連する記事一覧

この記事を書いた人

伊角 けんすけ
伊角 けんすけ

学生時代に友人に誘われ演劇を始め、大学卒業後、就職せずに芝居の道に入る。旅公演で全国を巡るなどしていたが、30代半で塾講師に転身。さらに40歳で全く未経験のIT業界に就職。会計専門のSEになる。60歳で定年を迎えたの機に、新しいことにチャレンジしたいとネットビジネスを開始。在宅でできるビジネスをいろいろと経験、試行錯誤して結果を出す。 今では『在宅ワークコンサルタント』として活動しつつ、健康で充実した毎日を送っている。

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 

伊角 けんすけ

伊角 けんすけ

学生時代に友人に誘われ演劇を始め、大学卒業後、就職せずに芝居の道に入る。旅公演で全国を巡るなどしていたが、30代半で塾講師に転身。さらに40歳で全く未経験のIT業界に就職。会計専門のSEになる。60歳で定年を迎えたの機に、新しいことにチャレンジしたいとネットビジネスを開始。在宅でできるビジネスをいろいろと経験、試行錯誤して結果を出す。 今では『在宅ワークコンサルタント』として活動しつつ、健康で充実した毎日を送っている。

LINE登録はこちら
カテゴリー
人気ブログランキング

よろしければ、クリックお願いします!


シニア・お小遣い稼ぎランキング

人気記事