ビジネス

回りを信頼できないと問題は解決しない

目安時間 7分
  • コピーしました

けんすけです。

 

仕事でも何でも、自分一人でできることなどたかが知れています。

でもチームでことを進めるとなると、一人でやるより、はるかにいろいろな問題が生じてきます。

 

そんな時、一緒にやる仲間を信頼できないと、いつまでたっても問題は解決しません。

 

私は若い頃芝居にはまり、20代は就職もせず演劇活動に没頭していたのですが、周りを信頼することの大切さを実感した出来事がありましたので、紹介したいと思います。

 

プロのプライドが邪魔をする

私は演劇活動を続ける中で、とあるプロの劇団の入団試験に合格し、役者として活動していた時期がありました。

 

その劇団は、旅公演で日本中を回るのですが、1ステージいくら、とちゃんとギャラが出ます。

カツカツではありますが、何とかそれで食べていくことができました。

書類で職業欄があると「役者」と書いていましたし、その度「ようやくこここまできたか」と誇らしくもありました。

 

 

そんなある日、知り合いの素人劇団が役者が足りないということで、助っ人を頼まれました。

ちょうど旅公演のはざまだったので、快くOKして、練習に参加したのですが。。

 

そこはやはり素人集団なので、練習を見ていると、いろいろと気になってしまいます。

 

「そこはもっと喜びを表現した方がいいのに」

「こう動いた方がより感情が伝わるのに」

などなど。

 

あれこれ批判的な言葉が頭に浮かぶので、それをいちいち台本に書き留めていきました。

自分の出番では、たっぷりと感情移入して演じたものです。

 

自分はプロだ、君たちとは違う!

 

という意識がなかったと言えば嘘になります。

 

自分もつい最近まで素人だったことは棚に上げ、プロを意識して、自分が引っ張らねばという気持ちになっていました。

 

そして練習終わりの反省会では、台本にメモしたことを読み上げ、ひとりひとりにダメ出しをしていきました。

 

本来それは演出家の仕事で、イチ役者がミーティングの場で言うことではないのですが、それが自分の役目だと勘違いしていたのです。

 

やればやるほど空回り

演出家はさぞ苦々しく思っていたことでしょう。

他の団員も、迷惑に思っていたと、後で聞きました。

 

でもプロのプライドに凝り固まっていた当時の私は、そのことに気が付きませんでした。

 

肝心の演技はどうかというと、自分の演技は自分では見えませんので何とも言えませんが、明らかに浮いていたことと思います。

 

素人と言えど、日々練習を積み上げていますので、各劇団にはそれなりの色というものがありまあす。

助っ人で入った役者は、ただでさえ浮きやすいのです。

 

だから本来、助っ人で入ったらまず回りをよく見て、他の役者に合わせていくことから始めなければいけないのです。

 

 

それを最初から「自分が引っ張る」と気張って演技をしてしまったら、浮かないはずはありませんね。

 

演出家も手に余ったのか、私に対する注文も中途半端で、意図を計りかねてしまっていました。

結果、ちぐはぐで違和感のある場面になり、本番が近づくにつれ、焦りは増すばかりです。

 

何とかしたい、という私の思いが空回りし、ますます問題は大きくなっていくようでした。

 

みなを信頼して役に没頭

私がみなに煙たがれていることは、うすうす感じたいましたが、解決法がわかりませんでした。

 

本番は刻一刻と近づいてくるのですが、違和感は付き纏ったままです。

 

何とかしないと、と焦った私は、余計なことは考えずに役に没頭することにしました。

回りの役者の粗探しをするのを止め、よいところだけを見るようにしました。

 

いざ粗探しを止めてみると、面白いもので、みなの演技が、私の中でなかなか味のあるよいものに変わり始めました。

 

そこから他の演技者への信頼が増して、自分が引っ張るのではなく、相手に合わせる演技を意識するようになりました。

 

公演に向けた問題を解決する方法は、意外と身近なところにありました。

 

私がみなを信頼し、黙って任せていればよかったのです。

その劇団なりのよさが出れば、それで十分観客を満足させることができます。

助っ人の分を弁えず、へんなプライドから、一人空回りしたことで、問題を大きくしていました。

 

 

公演に向けた歯車は、よい方向の回り始めたようでした。

 

 

さて、チームで一つのことを成し遂げようとすると、無数の問題が出てきます。

 

その際、互いの信頼関係がなければ、解決は望めません。

解決を焦り、マウントを取ろうとせず、よく回りを見て、信頼を醸成していくこと。

信頼があれば、大抵の問題は解決に向かうはずです^^

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

それではまた。

 

けんすけ

 

  • コピーしました

   ビジネス   0

 この記事に関連する記事一覧

この記事を書いた人

伊角 けんすけ
伊角 けんすけ

学生時代に友人に誘われ演劇を始め、大学卒業後、就職せずに芝居の道に入る。旅公演で全国を巡るなどしていたが、30代半で塾講師に転身。さらに40歳で全く未経験のIT業界に就職。会計専門のSEになる。60歳で定年を迎えたの機に、新しいことにチャレンジしたいとネットビジネスを開始。在宅でできるビジネスをいろいろと経験、試行錯誤して結果を出す。 今では『在宅ワークコンサルタント』として活動しつつ、健康で充実した毎日を送っている。

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 

伊角 けんすけ

伊角 けんすけ

学生時代に友人に誘われ演劇を始め、大学卒業後、就職せずに芝居の道に入る。旅公演で全国を巡るなどしていたが、30代半で塾講師に転身。さらに40歳で全く未経験のIT業界に就職。会計専門のSEになる。60歳で定年を迎えたの機に、新しいことにチャレンジしたいとネットビジネスを開始。在宅でできるビジネスをいろいろと経験、試行錯誤して結果を出す。 今では『在宅ワークコンサルタント』として活動しつつ、健康で充実した毎日を送っている。

LINE登録はこちら
カテゴリー
人気ブログランキング

よろしければ、クリックお願いします!


シニア・お小遣い稼ぎランキング

人気記事